こゆひろサロン

「ちゅうつねカレッジ」のこと

私がブログをお引っ越ししたのは、「ちゅうつねカレッジ」経沢香保子さんはあちゅうさんに大きな影響を受けたからです。

オンラインサロン「こゆひろサロン」をすぐに立ち上げたのも、「ちゅうつねカレッジ」で学んだから。
私も行動野郎になる! 笑

「ちゅうつね」での課題図書だった、はあちゅうさんのご著書『わたしは、なぜタダで70日間世界一周できたのか?』



経沢さんのご著書『自分の会社をつくるということ』と『日記ブログで夢をかなえる』

自分の会社をつくるということ
経沢 香保子
ダイヤモンド社
2005-06-24


日記ブログで夢をかなえる
経沢 香保子
ダイヤモンド社
2006-12-08


拝読させていただいて、とても刺激を受けました。
はあちゅうさんは今年、新刊を出されるとのことですので、今から心待ちにしています。

経沢さんは「ちゅうつね」の投稿の中で私のことをこんなふうに紹介してくださいました。

「独自のカテゴリーや個性を持っている人は強い」

レズビアンであることは、長年私にとってマイナスでした。日本では同性愛にまだまだ差別や偏見が根強く残り、厳しい現状があるからです。それを尊敬する方から「独自のカテゴリーや個性を持っている人は強い」と言っていただけて、どれほど嬉しかったかわかりません。
私は時間がかかりましたが、自分の中の差別意識を乗り越えれば、マイナスをプラスに変えることは、本当にできるのだと感じることができました。経沢さん、本当にありがとうございます!

昨日は「ちゅうつねカレッジ」のセミナーに参加してきました!
写真 (24)

セミナーの中でも、「LGBTに特化したオンラインサロン」ということで「こゆひろサロン」をご紹介いただきました。
写真 (23)

私の場合、自分のビジネスについてお話しするということは、つねにカミングアウトを伴うわけです。
セミナーでは何十人もの前で「こゆひろサロン」のことや、私の仕事で実現したいことをお話しさせていただいたのですが、カミングアウトを当たり前にしていくというのは、私にとって新しい挑戦だなと感じました。
レズビアンとしてテレビに出るなどして、私は全方向的にカミングアウトしていますが、またちょっと違う刺激を受けました。本当に事例のひとつとして(華道をやっている人、教育系の人、というように…)レズビアンである私がいるというのは、マイノリティ性を抱えて生きている私にとって、とても新鮮な体験となりました。

全国にいる「ちゅうつね」の仲間たちと学び合って、成長していきたいです。

大好評いただいている、LGBT初のオンラインサロン「こゆひろサロン」もよろしくお願いします!

ABOUT ME
東 小雪
元タカラジェンヌ/LGBTアクティビスト。「Tokyo SuperStar Awards」コミュニティ賞を受賞。東京ディズニーシーで初の同性結婚式を挙げる。渋谷区パートナーシップ証明書交付第1号。(2017年12月に離婚)LGBT、女性の人権、自殺対策について講演や執筆など幅広く活動し、テレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」、NHK Eテレ「ハートネットTV」などメディア出演多数。著書には、『なかったことにしたくない 実父から性虐待を受けた私の告白』『同性婚のリアル』など

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください