最新のLGBT関連書籍

最近はLGBT関連書籍が多数出版されていますね。
私もできる限り拝読するようにしています。

今日はこちらの2冊をご紹介したいと思います。

砂川秀樹さんの最新刊『カミングアウト』(朝日新書)は、新しい情報を伝えつつも、普遍的な当事者の葛藤が丁寧に描かれ、当事者はもちろん周囲の人にぜひ読んでいただきたい一冊でした。すでにLGBTという言葉は知っていて、さらに理解を深めたいという人にぴったりです。
砂川秀樹さん著『カミングアウト』(朝日新書)
https://amzn.to/2ytO2a0

岡部鈴さんの『総務部長はトランスジェンダー』は、先日WWPでご本人の素敵なトークを伺ってから拝読しました。

非常に読みやすく、面白い!
ですが、ただ「面白い」と表現してしまうことには抵抗があります。詳細には書かれていなくても、行間からは「どれほどの痛みがあっただろう」と岡部さんのこれまで抱えていらしたであろう苦しみが滲み出てくるものがあり、随所からそれが伝わってくるからです。詳しく書かれていないからこそ、読み易く書かれているからこそ、伝わるものがあったと思います。

男性から女性へ越境して生きる人のリアルな体験に迫れる一冊です。
偏見をなくしていくには、このような当事者の語りが不可欠だと改めて感じる、力強い一冊でした。

岡部鈴『総務部長はトランスジェンダー』(文藝春秋)
https://amzn.to/2ScEOqR

2冊ともおすすめ!

ABOUT ME
東 小雪
元タカラジェンヌ/LGBTアクティビスト。「Tokyo SuperStar Awards」コミュニティ賞を受賞。東京ディズニーシーで初の同性結婚式を挙げる。渋谷区パートナーシップ証明書交付第1号。(2017年12月に離婚)LGBT、女性の人権、自殺対策について講演や執筆など幅広く活動し、テレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」、NHK Eテレ「ハートネットTV」などメディア出演多数。著書には、『なかったことにしたくない 実父から性虐待を受けた私の告白』『同性婚のリアル』など

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください