東小雪が思う

誕生日に思うこと

ちょうど1年前、28になるときに書いたブログがきっかけで、いろんなことが動いた1年だった。

「あなた、ほら、コラムに書いてたじゃない? あれ、なかなかよく書けてたわよ」

はじめは何のことだかわからなかった。
そのとき私はもちろんコラムを書いたことなんてなかったから、自分がブログにアップした文章が褒められているのだと、すぐには気付かなかった。

「私の文章が、コラム…..」

そんな可能性もあるのか…..と、ぼんやりと、でも嬉しく思った矢先に、LGBTポータルサイト『2CHOPO』さんからコラム連載の依頼をいただいた。(こちらは毎週好評連載中ですので、どうぞお読みください http://www.2chopo.com/article/437/ )

そして、「私は文章で表現するのがすごく好きだ」と気付いてからは、エッセイをよりみちパン!セシリーズにweb連載させていただき、今年1月にはそれに加筆修正をして、出版することができた。
(こちらも好評発売中ですので、ぜひお求めください『レズビアン的結婚生活』 『ふたりのママから、きみたちへ』  )

渋谷から広尾へ向かう夕方のバスの中で、ふと、「ああ、あのとき死んでいたら、結婚も、起業も、出版も、ひろこさんを大切に思うことも、文章を書きたいと思うことさえも、ぜんぶぜんぶぜんぶなかったんだ」と思った。

生きていてよかったかどうかはわからない。

でも、何回も何回も死のうとしてみて、「生き死に」は自分では決められないことなんだなってことがわかった。やってみてわかった。

もし今死にたいと思っている人がいたら、「生き死に」は自分では決められないから、別の方法を選んでほしいと言いたいです。
できれば自分を傷つける方向ではなく、自分を大切にする方向にエネルギーを、ちょっとだけ使ってみてほしい。

すっごくおなかが空いて、アーモンドを一粒齧ってみたら、ちっちゃな種なのに、すっごいエネルギーなのね。

ああ、生きなきゃ。

ABOUT ME
東 小雪
元タカラジェンヌ/LGBTアクティビスト。「Tokyo SuperStar Awards」コミュニティ賞を受賞。東京ディズニーシーで初の同性結婚式を挙げる。渋谷区パートナーシップ証明書交付第1号。(2017年12月に離婚)LGBT、女性の人権、自殺対策について講演や執筆など幅広く活動し、テレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」、NHK Eテレ「ハートネットTV」などメディア出演多数。著書には、『なかったことにしたくない 実父から性虐待を受けた私の告白』『同性婚のリアル』など

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください