東小雪が思う

東京ディズニーリゾートで、同性カップルとして初めて結婚式を挙げます

私、東小雪と恋人のひろこ http://hiroko-masuhara.tumblr.com/ は、来年の春、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタにて、結婚式を挙げます。
東京ディズニーリゾートとしては初の同性結婚式になります。
私とひろこさん、ふたりでウエディングドレスを着る予定です。
私たちはLGBT人権活動家ですが、そのまえに「個人」です。
この結婚式はあくまでプライベートなものです。ですので、結婚式の日にちは公開しません。
あたたかく見守っていただけたらと思います。
私たちは、結婚式を挙げたくて、ふたりで、そして支えてくれる家族やたくさんの人と話し合って、
結婚式を挙げることにしました。
私たちが、「同性」と生きていきたい人で、ふたりで生きたい人で、結婚式を挙げたかったら挙げることにしました。
これはとても個人的な選択です。
たくさんの人に「結婚式」や「結婚」、「ふたりで生きること」や「一対一の関係」、「恋愛」や「婚姻」を強制・強要するものではありません。
もちろん、それらが「正しい」とか「こうあるべきだ」とか、そんな風にも思っていません。
これはあくまで私たちの個人的な選択です。私たちの選択も、ひとつのカタチとして尊重されたらいいなと思っています。
ひとりで生きる人も、同性と生きる人も、異性と生きる人も、3人以上の家族で生きる人も、
恋愛する人もしない人も、「結婚」する人もしない人も、
子どもを育てる人も育てない人も、産む人も産まない人も、
もちろん「女性」も「男性」も、
同じように尊重される社会になってほしいと、心から願っています。
ディズニーシーの園内を、ウエディングドレス姿の私たちふたりが歩く予定です。

セレナータ・イン・ヴェネツィアン・ゴンドラ

もし遊びにきていた子どもに「お嫁さんがふたりだねぇ?」と聞かれたら、
「女の人同士で生きる人も、男の人同士で生きる人も、女の人と男の人で生きる人も、ひとりで生きる人も、この世の中にはいろんな人がいるんだよ」
と、話してあげてほしいです。
子どもに見せようが見せまいが、すでにこの世の中は多様です。
この世の中にはすでにいろんな人がいるし、いろんな人がいていいんです。
いろんな人がいていい理由は、あなたがいていい理由と同じだと思っています。
自分と「違う人」とも、手をつないで生きる。
セクシュアリティだけでなく、自分と「違う人」もこの世の中には生きている。
そんなことを話すキッカケにしていただけたらと思います。
追記:
同性愛者は、子どもに見せてはいけない存在ではありません。
性的に未発達な子どもを性的な刺激にさらすことは、異性愛であれ同性愛であれ、性虐待です。
女性同士のカップルが結婚式を挙げることは、子どもを性的な刺激にさらすことではありません。
もちろん「18禁」でも、「いやらしいこと」でもありません。
わたしたちは、お互いを思いあって支えあって、生きているだけです。
ABOUT ME
東 小雪
元タカラジェンヌ/LGBTアクティビスト。「Tokyo SuperStar Awards」コミュニティ賞を受賞。東京ディズニーシーで初の同性結婚式を挙げる。渋谷区パートナーシップ証明書交付第1号。(2017年12月に離婚)LGBT、女性の人権、自殺対策について講演や執筆など幅広く活動し、テレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」、NHK Eテレ「ハートネットTV」などメディア出演多数。著書には、『なかったことにしたくない 実父から性虐待を受けた私の告白』『同性婚のリアル』など

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください