映画

映画『おっさんずラブ』

2019年にこんな景色を見るとは思いませんでした。

映画館で『おっさんずラブ』を鑑賞しました。

「レズ(蔑称ですがよく言われました)はいいけど、ホモはキモい」

と、これまでさんざん言われてきたのに、会場はファンの人たちで満席。

ドラマの人気は存じていましたが、劇場の大画面で拝見して、改めて感動しました。

作品そのものも大変おもしろく、映画館で声を出して何回も笑ったのは本当に久しぶりでした。

「ドラマ版より多少ステレオティピカルなところがある」という前評判を聞いてから劇場に向かったのですが、私は大変楽しめました。

差別的な表現は見られず、当事者の方も、感じ方は様々だと思いますが、安心して楽しめる作品なのではないでしょうか。

「法的に結婚できない」

「やっぱり、男同士だからですか?」

など、LGBT特有の表現はあるものの、いたって普通の恋愛模様が描かれており、そういった点にも感動。

男同士のカップルが仕事や関係性に悩み、「結婚は急がなくてもいいのではないか」とパートナーに告げるシーンなど、本当に異性のカップルとの、差や境目がなくなってきている時代を感じ、またすぐそこまで来ている予感がして、本当に感無量でした。

先日、私の講演会で、昨今のエンターテイメントとLGBTについて質問してくださった方のおかげで、観に行こうと思いました。

鑑賞して本当によかったです。

こうしたすぐれたエンターテイメントには、社会の空気を変えていくチカラがあると思います。

政治が変わっていくこと、法制度が整うこと、もちろんとても重要なことです。でも、ひろく一般の方に、難しいこととして捉えられるのではなく、楽しく身近で当たり前の風景として、受け入れられるようになっていってほしいとも思います。

映画『おっさんずラブ』は公開されたばかり。ぜひ劇場に足を運んで楽しんでくださいね。

ABOUT ME
東 小雪
元タカラジェンヌ/LGBTアクティビスト。「Tokyo SuperStar Awards」コミュニティ賞を受賞。東京ディズニーシーで初の同性結婚式を挙げる。渋谷区パートナーシップ証明書交付第1号。(2017年12月に離婚)LGBT、女性の人権、自殺対策について講演や執筆など幅広く活動し、テレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」、NHK Eテレ「ハートネットTV」などメディア出演多数。著書には、『なかったことにしたくない 実父から性虐待を受けた私の告白』『同性婚のリアル』など

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください