小説『82年生まれ、キム・ジヨン』

印象的な書影を見てから気になっていた小説、『82年生まれ、キム・ジヨン』を読了しました。本当に! 本当に! 素晴らしい小説でした。

「フェミニズム小説」とも評される本作品。ちょうど私と同世代の女性たちの苦悩を見事に描いています。

最後は背筋がゾッとする終わり方で、私たちの社会に強く問題提起しています。描かれ方、小説としての構成が本当に素晴らしかった。

「次の世代には連鎖させたくない」という思いを新たにしてくれる、でもそれでいて、「女性として生きるとはどういうことか」を突きつけられる、複雑な一冊です。

ぜひお読みください。

82年生まれ、キム・ジヨン (単行本) https://www.amazon.co.jp/dp/4480832114/ref=cm_sw_r_cp_api_i_XDIoCbTMK02R2

ABOUT ME
東 小雪
元タカラジェンヌ/LGBTアクティビスト。「Tokyo SuperStar Awards」コミュニティ賞を受賞。東京ディズニーシーで初の同性結婚式を挙げる。渋谷区パートナーシップ証明書交付第1号。(2017年12月に離婚)LGBT、女性の人権、自殺対策について講演や執筆など幅広く活動し、テレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」、NHK Eテレ「ハートネットTV」などメディア出演多数。著書には、『なかったことにしたくない 実父から性虐待を受けた私の告白』『同性婚のリアル』など

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください