性虐待

刑法性犯罪、改正を求めて

私は3歳の頃から実の父親から性虐待を受けて育ちました。

被害は、お風呂場で起こり、中学2年生の秋まで続きました。

物心つく頃から、家庭の中で被害を受けていたので、私は逃げることができませんでした。

性虐待は、私を傷つけ、生きる力を奪い、被害が終わって大人になってからも、PTSD(トラウマ)の症状に悩まされました。
鬱状態で、働くことができず、リストカットやオーバードーズを送り返しました。
長い間摂食障害に苦しみました。

私の体験については、ぜひこちらをお読みいただければと思います。


出版して、とても大きな反響をいただきました。

若い方からはSNSを通じて、
年配の方からは、何十年も前の被害体験について、出版社宛に毛筆のお手紙をいただいたこともあります。

性暴力は、サバイバーの人たちから、語る力、生きる力を奪う複雑な暴力です。
顔と名前を出して、声を上げるには、非常に、勇気とエネルギーが要ります。

そのエネルギーを奪ってしまう暴力を受けた被害者の人たちの声は、なかなか聞いてもらうことが難しい現実があると思います。

今国会では、刑法性犯罪の改正が審議される予定でした。

いわゆる「共謀罪」法案が先に審議入りしてしまい、刑法性犯罪の改正は、今、止まってしまっています。

この刑法性犯罪は、実に110年ぶりの改正なのです!

現行刑法は、女性に人権がなかった、明治時代に制定されたもので、性暴力被害の現実とはかけ離れたものなんです。

性虐待を受け、苦しんだ当事者のひとりとして、ぜひ一刻も早く、刑法性犯罪を改正していただきたいと心から願っています。

☆刑法性犯罪改正については、こちらの記事が詳しいです。
http://m.huffpost.com/jp/entry/15820118

☆ 8,000筆の署名を提出しました!
http://m.huffpost.com/jp/entry/16285608

image

こちらのプロジェクトにも参加させていただいています!
☆「#性を守る法をつくろう」ダンスプロジェクト
http://blog.canpan.info/shiawasenamida/archive/1023
image

ぜひ多くの方に性被害について知っていただいて、これ以上悲しい事件が起こらない社会を作ってほしいと思います。

image
ABOUT ME
東 小雪
元タカラジェンヌ/LGBTアクティビスト。「Tokyo SuperStar Awards」コミュニティ賞を受賞。東京ディズニーシーで初の同性結婚式を挙げる。渋谷区パートナーシップ証明書交付第1号。(2017年12月に離婚)LGBT、女性の人権、自殺対策について講演や執筆など幅広く活動し、テレビ朝日「ビートたけしのTVタックル」、NHK Eテレ「ハートネットTV」などメディア出演多数。著書には、『なかったことにしたくない 実父から性虐待を受けた私の告白』『同性婚のリアル』など